ものぐさ庵 こばやし  



<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


フィンを置いていく旅2010  @ベトナム ハノイ

今年もいってまいりました!
フィンとギックリ腰で動けなくなっているコバ夫を置いていく旅2010。
場所はベトナムの首都、ハノイ~♪
デッパツ10日前に急遽旅心ムズムズ、旅の相方ゆきちゃんと慌てて場所決定。
9月連休にブツけたので、どこもチケット満席・・・苦労してみつけたのがハノイ。

結果、『2泊4日』の超弾丸ツアーになってしもた・・・(あいかわらずのヤッツケ旅)。
d0087483_1529123.jpg

昼前に成田から飛んで、夕方にはハノイ到着!
時差は1時間戻し。ちょうどイイフライト時間。
噂には聞いていたが、ハノイ市内はバイクがウジャウジャ~!
かき鳴らされるクラクションの雨アラレ~!!
まだ町に下り立つ前からでド肝を抜かされる我々。

d0087483_152355.jpg

ただ今経済的に発展中の国、ベトナム。気温37度、湿度80%超え!
蒸し蒸しした暑い空気、混沌とした町、人々のパワー、
しょっぱなから圧倒されていた我々ですが、しかしウカウカしてらんない!

だってベトナム滞在時間はたったの『72時間』~(焦)
ホテルに着いた早々、軽くシャワー浴びてさっさか夜の町に繰り出しGO~♪
d0087483_1523231.jpg

実際に歩くハノイの町、どこから湧き出てくるのかバイクの量はますます増え、
排気ガスは酷いコトになっていた・・・
『現地的怪しいマスク』を購入し装着したが、顔デカ過ぎでゴムが耳にギリギリ食い込む(涙)
しっかし、マスクをしたところで、このバイクの量から出る排気ガス量・・・・
絶対に滞在中に鼻毛が5mmは伸びたのではないだろうか(→実測はせず)。
そして、バイクも原付にも関わらず2.3人乗り当たり前、4人乗りでも余裕でスイスイスイ~♪
ベトナム人にとって原付バイクは生活の脚、通勤手段、ときには豚もくくって運ぶんだって(驚)
軽トラ的に使えるらしい、あなどれないぞ50ccの秘められたパワー!

d0087483_15235627.jpg

街は夜遅くまで、フォーやらなんだか解らない怪しげな屋台が出まくっていて
ハノイ市民の皆さん夜中ちかくまで歩道でワイワイだべってる。
我々も参戦・・・と行きたかったのだがあまりの暑さに食欲が沸かず、
まずは怪しいドリンクで喉を潤す。
ちなみに、このジュース、ココナッツジュースをベースに、
超怪しい粉末をたっぷり加えて味付けした劇マズドリンク!
超ケミカルな味、一発目からヤラれた(笑)

その後も、ホアンキエム湖を基点に足が棒になるまで街をさ迷い、
初日の〆はフットマッサージで体調を整えた後、ホテルでタクシーで戻る(だいたい2ドル位)。
ホテルに着いた時にはすでに日付は翌日に変わっていて、
着いたらなんとホテル入り口が閉まってて、フロントのオヤジは居眠りしていた・・・(焦)
『開けてクリ~~』とガラスドアを叩きまくり、オヤジたたき起こしてホテル初日就寝。

   

【2日目】
7時デッパツで、ハノイを離れ今回の旅の一番の目的『ハロン湾』へと移動。

移動途中のベトナムの田園風景。ベトナムでは三毛作で米作するんだそうだ。
水みずしい稲の緑色の美しさ、疲れた目に優しく映ります。
d0087483_15242979.jpg

ハノイからハロン湾はバスで3時間くらい。
途中、日本人にも人気のある『バチャン焼』の街、その名も『バチャン村』に立ち寄る。
日本からプチプチ緩衝材をたんまり持参した私!
張り切ってお買い物~、と思ったのだが意外にお高くてガックシ。
貧乏ツーリストの私のペランペランのお財布には悲しいかな豪快な買い物は無理でした。
フィンのお世話をお願いしているコバ夫母と友人用にいくつか購入したのですが、
ここでの購入金額、かなりボッタくられていた事が後々判明する事に。
2日目早々ガックシ肩を落とす私・・・・シクシクシク(涙)
d0087483_15244213.jpg
d0087483_15245792.jpg

そしてベトナム土産といえば、細かく色鮮やかな『刺繍工芸』。
枯葉剤の影響で障害を追った方たちも刺繍職人として活躍されてましたよ。
素晴らしい作品の数々の中に良く見た顔発見!
まさかベトナムで忠犬ハチ公殿に出会えるとは思わなかった・・・完成度の高さは別として。
d0087483_15374992.jpg

            HACHI  『  微妙に似てないって言わんでおくれ・・・。 』

途中そんなガックシな買い物をしながら車に揺られ、世界遺産『ハロン湾』に到着!
朝パラパラふっていた雨も到着した時にはあがっていた(喜)!
お船に乗ってハロン湾約4時間のクルージングだ、どんぶらこ~。
d0087483_22111082.jpg

ベトナムの桂林と言われるハロン湾。
エメラルドグリーン(正確にいうと深緑・・・・)の海から
ニョキニョキと大小2000個ちかく奇岩が顔を出す。
曇天でしたが、ちょこっと霧がかってるこれくらいの天気のほうが逆に神秘的で美しかった。
d0087483_22113586.jpg

d0087483_22115042.jpg

クルージング途中で降り立った海上生活村の一つ。
そこにてベトナムワンコさんと出会う事が出来た。
ちょびっとチビスケ母さんとこの『珍センセイ』に似ているような・・・(笑)
ふと、可愛い我が娘を思い出した私・・・今のいままで忘れていた訳ではないのですが
旅先でのワンコとの出会いにイチイチ過剰に反応してしまう犬馬鹿。

『ぐはぁ~、ワンコ臭LOVE~~♪』とカメラを向けまくった怪しげな日本人に
世界遺産在住の珍もどき君は、『ケッ、いかれジャップがっ!』と、牙をむいて唸り
私のもとから去っていきました・・・家だけでなくここでも犬につれなくされてしまった・・・トホホ。
多分フィンの”念”がハロン湾ワンコにも届いたに違いない。

d0087483_15262842.jpg

船上でのお食事は、新鮮はシーフードの数々。
ほとんど焼いてるか蒸してるかだけでシンプルなんだけど、
キンカン汁&塩つけただけでも十分オイシイ~♪
もちろん、ベトナムのビールもたんまし飲みまくり。
でも1杯2~3ドルくらい取られる。飲み物は観光地価格なんだよなー。
ビール以外、スイカジュースとザボンジュースが個人的にお勧め。
d0087483_21311986.jpg

ベトナム料理に舌鼓を打ちつつ、ビールで喉を潤し、
そんでもって時に火照ったカラダを、デッキで寝そべりながらクールダウン。
摩訶不思議な景色を眺めながらの快適クルージングでした♪


さて、ハロン湾クルーズが終了した我々、ワロン湾岸のボロホテルにチェックイン。
ハロン湾観光が終わり、旅の目的は8割くらい果たした感はあるが
ここで休まないのが弾丸ツアーの醍醐味!
夕飯を済ませた後は睡魔と戦いながらも、ナイトマーケットにレッツラゴー。
仲間へのバラマキ用土産をここで購入しないといけないので。
われわれには時間が無いのじゃ!この時点で残り30時間~。
朝のバチャン焼ボッタクられ事件があったので、今回は警戒し慎重に店を選び、交渉。
素敵なTシャツを山のように購入。1枚200円♪やっほ~い。
テンションアゲ♂アゲ♂のまま、移動遊園地?へ。
ちょうどこの夜は子供のお祭り?の日だった為、夜も遅いのに子供うじゃうじゃ~。
d0087483_2142484.jpg

お顔は可愛いながらも、そこは共産国の子供達。
カメラを向けると大抵笑顔が消えるか、フリーズして固まっちゃう(汗)
そんなクールな子供達の中で、誰よりもはしゃぐアラフォー乙女二人・・・。
d0087483_21303387.jpg

(基本的に外人は無視して売りしぶる)チケット屋の超オッカないおババより
なんとか遊具券を購入し、乗車。30円/1回
ギャラリー(ベトナム人ヤンママ&ヤンパパ、そしてクールキッズ達)の視線がカナリ痛かった・・・

興奮の中過ぎていく2日目の夜、さあ残り24時間!
来る最終日に向けてコンディションを整える為、またもや〆はマッサージへ。
この夜はちょっと店選びを間違えたようで、妙に色っぽいお姉さんによる全身マッサージでした。
健全なマッサージを受けたにも関わらず最後に5ドルチップを要求されたし・・・。

そして、日付は翌日に変わった中ホテルに戻ると、
またまたホテル入り口が閉まってた・・・・懲りないお馬鹿なツーリスト・・・ナハハ(滝汗)。



【3日目最終日!】
ハロン湾から、またまたハノイ市内に戻り最後は市内観光!
さぁ、ここからはヤッツケ観光じゃー。

先ずはアオザイ美人さんから・・・超チャーミング♪
d0087483_15325483.jpg

ベトナムの人って基本、米&野菜中心、魚肉少々の食事で太らないんですと!羨ましい~。
しかし、町中アオザイ美人を期待していたけれど、最近の若い人は殆ど着ないみたい。
彼女のようなレストランや土産物店など外人対象の店で働く女性しか着てない。
あとは寺で参拝するお婆ちゃんくらいしか見なかったかも。
よく見かけたのは・・・・
ギャルから婆さんまで大抵、伸び伸び素材『パジャマ風』上下セットのトホホファション。
そして、オッサンはTシャツを乳下までめくる腹だしスタイルが多かった(これってファッション?)。

彼女はとっても気立ての良いお嬢さんでスマイルもばっちしでしたが、
たいていの女性はサービス業でもツンケンしていて笑顔少なくてもったいない。
やはり共産国ゆえか?
あっ、アオザイギャルに共通する点は、基本派手ブラ・透けまくりっていう点か・・・
セクシーひゅう~。

そして透けブラの話題はこの辺にして・・・
ハノイ市内をぶ~らぶら(結構な早歩き!)。
旧市街周辺では、Theベトナム、Theアジアの雰囲気もちょこっと残ってたりする。
d0087483_1525306.jpg
d0087483_15254359.jpg

ちなみに、観光地周辺を歩き売りするオバちゃま達のシツコイ営業の際判明したのだが、
昨晩のナイトマーケットで叩いて購入したはずのTシャツ(200円/1枚)、
やっぱしボラれていたようで、あれだけ買えば1枚100円で買えたらしい・・・またもやガクッ凹。


ハノイ市内 観光地① 一柱寺
d0087483_22121830.jpg

ハノイの水天宮的なお寺さん。
一本の柱の上に立っているからこの名前。
最終日ってこともあり賽銭ははずんだが、私もゆきちゃんも妊娠の兆候なし・・・。


ハノイ市内 観光地② 文廟
d0087483_221305.jpg

孔子を祀った建物。ハノイの湯島聖堂ってところですか。
ベトナム初の大学でもあります。
大昔のご卒業生の皆様の名前が彫られた碑が並んでいるのだが、
台座が亀ちゃんになっているのがイトかわゆし。

亀と言えば写真は撮り忘れたのですが、これまた観光名所の一つホアンキエム湖の中に建つ
玉山祠の中に、『伝説の亀(というよりスッポン)』の剥製が展示されていたのだけど、
2mくらいのデカさだった!!!亀は万年的な超ド急の迫力。
あんなのに湖で遭遇したら、確実に水中で失禁してしまうであろう・・・。


ハノイ市内 観光地③ ハノイ大教会
d0087483_22133670.jpg

ステンドガラスが美しかったけど撮影禁止だった為、記録なしの記憶のみ。
石組みで造られた大教会の石はおフランスからわざわざ運ばれてきたそうな。
教会の荘厳さに驚く前に、教会前の食堂で100人近くの若者が狂ったように
向日葵の種を食べていたのに驚いたコバでした・・・。


ハノイ市内 観光地④ ホーチミン廟
d0087483_2214618.jpg

世界一有名なベトナム人、ベトナム独立の父、革命家、『ホー・チ・ミンさん』の霊廟。
共産国特有の軍事パレードも出来ちゃうよ♪的な、だだっ広い空間に映える建物。
そして空にたなびく赤い国旗(独立の為に流された血をあらわす赤い色・・・)。
ここは共産党の国、そして数々の戦争を経験してきた国なんだよねーって、改めて実感。
映画で見てきた世界、この地で実際起こっていたのか・・・と、ちょっと考えさせられてしまった。
このホーチミン廟の中にはミイラ化したホーチミンさんのご遺体が安置されていて、
期間が合えば見れるそう。
結構怖いもの見たい派なので、もしその期間だったら見たんだろうな・・・残念。
尚、霊廟は常に沢山の軍人さんに守られていて、衛兵交代もみられた。
衛兵交代に夢中になり過ぎて、霊廟の前に引かれている境界線を超えてしまった私。
ピーピー笛で警告されてしまいかなり恥ずかしかった・・・どうぞ皆様ご注意を。

ちなみにホーおじさん、
とっても頭の良い方で6ヶ国語を話せたんだそう(ちょっと眉唾っぽい)。
そして強い革命家でありながら、けして私利私欲にまみれるような独裁者にはならず、
その一生をベトナムの民族開放と独立の為に身を捧げた、皆のスーパーヒーロー!
亡くなった今でも国民に本当に愛され、尊敬されている!!!
(我が国のリーダーと、三男坊を大将に据えた某・独裁国とはエラい違いだこと・・・)
尚、ホーおじさん実子がおらず、ベトナム国民は皆~んなホーおじさんの子供なんだって。

そんな、皆から尊敬されるホーおじさんに敬意を表し、昨晩仕入れたブツを着込み記念撮影。
そう、200円/1枚で仕入れた、ホーおじさんプリントTシャツじゃ~!
d0087483_22142335.jpg

              『ホー・チ・ミン万歳! ベトナム万歳!!』

衛兵のお兄ちゃんに銃殺されるかと思い冷や冷やしましたが、
ホーおじさんの顔目掛けて銃は向けられないようです。
むしろこのTシャツ着ていたほうが安全かも・・・・(滝汗)


こんな感じでお馬鹿しながらの72時間の弾丸ツアーでした。
旅の〆の『水中人形劇』では、疲れすぎてほぼ熟睡、いや爆睡!
さすがに毎晩の夜遊び&パワーウォーキング、若くないカラダには堪えました~。
しっかし、アラフォーにもなってこんなお馬鹿できる友人ゆきちゃん、本当にありがたい。
旅っていうのって、場所は関係なく『楽しもう!!!』って気持ちがキーなのかもしれない。
こうやって二人で楽しもうってなったら相乗効果で何倍も楽しさ膨らんじゃうんだよな。

40過ぎても、婆になっても・・・・こうやって同じ景色みて感動したり、笑ったりしてたいなぁ・・・。
ゆきちゃん、本当に感謝!これからも旅の相方、よろしく頼むね。


よろしく頼むと言えば・・・
快く(?)旅出させてくれた、国内待機組のお二人さん(コバ夫&フィンさん)、本当に感謝♪
多大なる感謝の気持ちをこめてお二人にも素敵Tシャツ(200円/1枚、ってシツコイ!)を
各1枚ずつプレゼント♪
d0087483_22235442.jpg

            フィ 『 また置いてきぼりにされた挙句、土産コレだけって・・・。』

ちなみに、私自身への旅の土産もこのTシャツ1枚のみ~(笑)
私にとっては、旅の思い出が一番の土産なんで、ね♪
と、言うことでフィンさん、またお留守番旅許して頂戴ね~。
[PR]
by futaba-ya | 2010-09-26 15:22 |

ナナちゃん♪


       フィン   『   おや? おかしいわ・・・ 』
d0087483_184073.jpg

  フィン   『    いつもより美味しそうな匂いがする・・・  』
d0087483_19089.jpg

       フィン   『    なんか量も多めだし・・・』
d0087483_193055.jpg

       フィン   『    ・・・・ なな  ?     』
d0087483_110372.jpg

       コバ    『    フィンさん、お誕生日おめでとう~♪ 』

今日はフィンを家族として迎えて5年たちました~5周年♪
譲渡日=誕生日としているので、今日はフィンのなんちゃって誕生日。
推定2歳っころ家族になったんで、プラス2、だから 『7』!

そして、ご飯がいつもよりイイ匂いなのは、今日がフィンの誕生日って知った近所のワン友が
サーロインステーキをプレゼントしてくれたから~(喜)ありがたや~。


近所のワン友や、ちばわんのワン友に支えられて早5年....
無愛想ながらも、ずいぶん人やワンコとのお付き合いも上手になりました。
(ここ最近喧嘩っぱやくなっているのは置いといて・・・)

アスファルトの上を自力で歩けなかった、あのビビリの”まゆちゃん”はもう過去の姿!!!
多くのワン友の力で、フィンの狭かった世界がどんどん広がっていったお陰と思います。
フィンを支えてくれた全ての皆様に感謝!

ゆっくりゆっくりのものぐさペースになるとは思いますが、
これからもフィンの世界がちょびっとずつ広がっていくように、
の~んびりと共に歩いていこうと思います。

フィン、世界一周クラスの思い出作る為にも、あと60年は生きておくれ・・・(爆)

d0087483_1102728.jpg

            フィン 『  あと60年? ギネス級だね・・・・ 』
[PR]
by futaba-ya | 2010-09-04 23:08 |


雑種犬フィンとズボラ夫婦の平凡な日々を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧