ものぐさ庵 こばやし  



カテゴリ:旅( 11 )


フィンをおいてゆく旅2013 @ Barcelona

フィンを置いてゆく旅2013@バルセロナ、
無事(若干無事でないところもあるのですが・・・)帰国。
慌ただしい数日間だったので、30代との別れもジックリと味わえぬまま
怒涛のごとく40代スタートしました。
人生80年とすれば、ちょうど折り返し地点、
想像していた40歳とはずいぶんとかけ離れた、
子供っぽく、精神面もグダグダな情けない40代入りですが、
第二の成人式、そして今回の旅をハームタイムと思い、
生まれ変わった気持ちで後半戦に向かっていかなくてはいけませんね。
20代は東京砂漠サバイバルで精いっぱい、
30代は現実的な悩みでいっぱいいっぱいだったので
40代は肩の力ぬきつつ、ゆっくりじっくり何かに打ち込み
本当の自分らしさ、自分の良さを伸ばしていけたらよいなぁと思います。
(理想的な目標ですが。そして、そのためには変化が必要かも・・・)

でも、このハーフタイムでの一休み、旅は終わったにも関わらず継続中?
この一休みが長ーくならないように注意しないと。。。
皆に監視してもらわないとだな、どうぞグダっとしてたら叱って下さい(笑)


さて、今回の弾丸バルセロナ旅、
6日間、実質は3日弱かな。簡単に写真でご案内します。
せめてあと、1日いたかったなぁ・・・いやもうちょっと。

【1日目】バルセロナ市内散策。ガウディ建築、バール三昧で腹いっぱい。
やっぱり何と言ってもサグラダファミリア。
ちょうどこの日は誕生日。サグラダさんに尻を叩かれ、背をおされ・・・。
ありがたい記念日になりました。
d0087483_162520.jpg

サグラダさんと、コバオと、マリア嬢(ラブ11歳)。
d0087483_171653.jpg

異国にてキョウダイ発見なひと。
d0087483_0198100.jpg


【2日目】モンセラットでトレッキング
電車と高山列車、ケーブルカー乗り継いで、
カタルーニャの聖地、モンセラットへ。
奇岩のつらなる山の中に9世紀に建てられた修道院があります。
黒いマリア様が有名で、巡礼者はマリア様を間近に拝む為に
ディズニーランド並に列をなします。1時間待ちくだらない?
普段列など無視しそうな人たちも、マリア様の前では従順な子羊になっちゃうw。

我々の方は宗教観違うので、目指すのはマリアさんでなく山頂!
無類の岸壁好きの私には、サグラダさん並に大興奮な景色の数々~。
d0087483_1839.jpg

あんなところにも人が!
d0087483_181264.jpg

山頂からカタルーニャの景色を眺めながらランチタイム。
d0087483_182354.jpg

ワンコも頑張って登ってます!
d0087483_183110.jpg

途中足がすくんだ我われの背をおしてくれた、地元の達人たち。
『毎週くらい登っているけど、毎回新しい発見がある山!』
『君たちにも出来る。Easy!』
お陰様で迷わず下山できました。グラシアス!
d0087483_183924.jpg

はいチーズ!ではなく合言葉の『Easy!』で記念撮影。

【3日目】タラゴナでローマ統治自体の遺跡廻り&地中海
バルセロナから電車で90km!
遺跡好きのコバオチョイスです。
貧乏ツーリストの我々はもちろん高速列車代ケチりました。快速で1時間くらい。

ローマ統治時代はバルセロナより繁栄していたそうです。
静かでよい街でした。
駅からちょっと小高い丘に登ると、円形の遺跡、そしてバックに地中海!
ナイスビュー。
d0087483_19719.jpg

路線バスで片道1.4ユーロ、足を延ばせば、こんな素敵な水道橋もあります。
その名も『Pont de Diable』悪魔の橋、水道部分は歩いて渡れます。
d0087483_192556.jpg

コバ 『さよなら、地中海。さよならスペイン。さよなら我が30代。。。』

d0087483_19499.jpg

旅のシメは、3日間歩き続けて疲れた体を地中海で癒し、我々の旅も終盤へ。
旅の最後はやっぱりションボリセンチメンタルになってしまう。
もう来られないのだろうな、もうこの景色は見ることはないのかもな、
目に焼き付けておこう、と。

すっごく駆け足でしたが濃密な3日間でした。
お陰で乳酸溜まりまくりです。
気持ちは生まれ変わってもカラダはきっちり40代だわ・・・トホー。

そうそう町中、地下鉄、電車、バール、そして山道でも沢山のワンコと出会えました。
d0087483_172514.jpg
d0087483_173394.jpg

d0087483_00588.jpg

d0087483_021751.jpg

d0087483_174174.jpg

d0087483_002647.jpg

やっぱりヨーロッパって犬に優しいよね。
こうゆう感じに日本はなって欲しいけど、当分難しいのだろうなぁ・・・。
でも、いつでも一緒にいられると思うと、ワンコ分離不安に拍車が掛かる可能性が・・・
フィンを置いて旅いってるくせにですけどね。

でも帰国したときのお迎えのこの笑顔、コレ見ると次はなかなか旅できない?
d0087483_111630.jpg

   フィン 『 おかえり! 』

・・・かわいい。
でも、ごめんまた行っちゃうかも。その時は50記念?いやそれまで待てないな(笑)。
ヨボヨボのフィンで良いから、その日も同じ笑顔で迎えてね。


【緊急告知】
現在6/2 AM3:15。
申し込みWEB画面とにらめっこすること7時間と15分。
無事毎年恒例のプラチナチケットを仲間でゲットできました!
走る前から燃え尽きたわ・・・でもコレって時差ボケ効果か?
それとも40入りの神様からのプレゼント??
申し込みグループ名は『ちばわん湘南』。
Nao*さんakkoさん&炎のサラリーマン、今年も楽しく走りぬけましょう!

そして、幸多家ほか素敵な応援団の皆様、今年も熱い応援宜しくお願いします♪
d0087483_3251166.jpg

[PR]
by futaba-ya | 2013-06-02 00:48 |

もうすぐ大台。

d0087483_6371354.jpg


どーん。
東京タワ子さんです。
去年の誕生日、記念に東京タワーに登ってきました。

あと2つ寝ると私もついに不惑入り。
今年はジャスフォー記念に旅に出ることにしました。
そう、フィンを置いてゆく旅2013!
弾丸バルセロナです。

転職でクサクサした2年間だったので、自分へのご褒美。
日々冷や飯食べながらコツコツ貯めたヘソクリで、
今回はコバオの旅費も(いたしかたなく)捻出しました。
バルセロナはコバオの希望、だからコバオさんへのご褒美も兼。
貧乏旅は変わりませんが、久しぶりの都会旅、夫婦旅、
楽しみなようでどこかめんどくさくもあり(苦笑)
スリに遭わないようきをつけねば。
ラテンワンニャンとの遭遇はウェルカムなんだけどねー。

で、私以上に久々旅のコバオさん。
はりきってS社のミラーレス購入!
まずは我が家のアデージョを試し撮り・・・。
d0087483_6515818.jpg


肉肉しさ満点にリアルに撮影できますね...。
バルセロナでも良い写真沢山撮ってきます!
で、こんな可愛い娘を置いていくのは心苦しいのですが、
旅ごころを止められず・・・フィン子には申し訳ない限り。
でも心行くまで楽しんでくるから、こんなハハを許してね!

今日まで仕事頑張って明日デッパツです。
帰国したら年に一番の大仕事、湘南マラソンのエントリーだ!
ワクワクした40代になりそうな予感。幸先良いかも♪
[PR]
by futaba-ya | 2013-05-23 06:58 |

フィンを置いていく旅2011②  @Hawaii Oahu

d0087483_17433736.jpg

アロハ~。
ハワイのオアフ島にいってきました♪
長年の友人の結婚式参加の為の3泊5日の弾丸ツアーでした。
初めてのオアフ!憧れのワイキキ!!買い物天国アラモアナ!!!
泳ぐぞ、買うぞ、遊ぶぞ!!!と、ニートの分際で楽しむ気満々♪
(大昔、ゆきちゃんに『ワイハいくぞ~!』と誘われて旅した先はマウイ島だった・・・)

でも、勿論メインは友人の晴れの日を祝うこと。
田舎者の私の東京ライフをハタチっころから支えてくれた大切な友人の一人です。
サーフィン好きでハワイ好きの友人。
結婚式はハワイだから来れなくても大丈夫だからって遠慮気味でしたが
場所がハワイだろうが、ケニアだろうが、火星だろうが共に祝わんでおられるかっ!!!
勝手に強制参加を決め、
数か月前からコソコソとワイハ貯金(ヘソクリ)して臨んだ今回の旅。
ヘソクリの甲斐あって感動的な結婚式になりました。

d0087483_18244011.jpg

       @キャルバリーバイザシー教会

喜びの涙を流す友人の姿に、思い出の数々が廻り
ファミリーもゲストもみんな貰い泣き。。。
本当に、本当に、ゲストは少ないながらアットホームでステキなお式でした。


我々は花嫁の為に恥を捨てアラフォー・ブライズメイドとしてひと肌脱ぎました♪
ワイハだったら若くなくても腹出ていたって何でも平気のへっちゃら~(笑)
d0087483_053685.jpg

           @モアナサーフライダー

ちなみに、買物馬鹿のコバ夫が奇跡的にH&Mで発見したこのドレス、
なんと一着1500円也、安っ(笑)コバ夫ひさびさのGood Job!
尚、我々はこの日を境に『モスラ隊』と呼ばれる事になりました・・・
♪モスラ~ヤッ、モスラ~~、ドゥンガンカサ~クヤンッ、インドゥムゥ~♪♪って古っ!


そしてワイキキビーチにて記念撮影、The Hawaii!な1枚♪
d0087483_021757.jpg

        @ワイキキビーチ  女神降臨♪

花嫁はハワイの日差しに負けないくらい眩しく、一等美しかった!
ビーチにて寛ぐ髪金ビキニ美女たちからも『Congratulations!』と祝福の雨あられ~。
幸せな花嫁さんですね♪
本当に本当に幸せになってね・・・おめでとう~!!!


感動的な式を終え解散。
ホテルに戻り、次は残り少ない滞在時間(1日半)をフルに利用して
いざ、お楽しみのフリータイムへ!!!
買い物へ向かおうと張りきってホテルを出て5分後、
横断歩道の真ん中で崩れ落ちたコバ子・・・

たて、立つんだコバ!!!
憧れのアラモアナで豪快に買い物をするんだ!!!!

しかし立ち上がれず・・・
・・・左フクラハギ肉離れでした・・・(脂汗)。

そのまま車椅子でホテルへ逆戻り(涙)
その後は、ホテルにて缶詰状態・・・・無念、無念、無念!!!!
邪念が多すぎて罰が当たったか・・・・。


その後、挙式を終えたばかりで疲労困憊の新郎新婦が奔走してくれ
アイシングやテーピングなど出来る限りの治療をしてくれ、
また、最終日の夜も哀れな私のために、
車椅子を手配して頂き、フラショーへ連れていってくれました。
新郎新婦のフォローのお陰でなんとかハワイを堪能(?)することが出来た私。
二人の最良の日をフォローするはずだったのに・・・凹。

新郎新婦の忘れられない1日に泥を塗りまくりのコバ子・・・アホすぎる。
お二人には一生アタマがあがらない~~~(滝汗)
でも結婚式の最中に撃沈でなくて良かった・・・
結婚式+お楽しみ弾丸ツアーの予定だったのが、
結婚式だけの爆発ご祝儀ツアーになってしもた・・・トホホ。


本当に新郎新婦さんお騒がせな奴ですんません、そしておめでとう~~~!!!

d0087483_1849789.jpg

       フィン『 一生下僕として友人に尽くしたまえ・・・。  』
       コバ 『 ・・・・・(返す言葉見つからず)。 』
[PR]
by futaba-ya | 2011-07-13 17:33 |

フィンを置いていく旅2010  @ベトナム ハノイ

今年もいってまいりました!
フィンとギックリ腰で動けなくなっているコバ夫を置いていく旅2010。
場所はベトナムの首都、ハノイ~♪
デッパツ10日前に急遽旅心ムズムズ、旅の相方ゆきちゃんと慌てて場所決定。
9月連休にブツけたので、どこもチケット満席・・・苦労してみつけたのがハノイ。

結果、『2泊4日』の超弾丸ツアーになってしもた・・・(あいかわらずのヤッツケ旅)。
d0087483_1529123.jpg

昼前に成田から飛んで、夕方にはハノイ到着!
時差は1時間戻し。ちょうどイイフライト時間。
噂には聞いていたが、ハノイ市内はバイクがウジャウジャ~!
かき鳴らされるクラクションの雨アラレ~!!
まだ町に下り立つ前からでド肝を抜かされる我々。

d0087483_152355.jpg

ただ今経済的に発展中の国、ベトナム。気温37度、湿度80%超え!
蒸し蒸しした暑い空気、混沌とした町、人々のパワー、
しょっぱなから圧倒されていた我々ですが、しかしウカウカしてらんない!

だってベトナム滞在時間はたったの『72時間』~(焦)
ホテルに着いた早々、軽くシャワー浴びてさっさか夜の町に繰り出しGO~♪
d0087483_1523231.jpg

実際に歩くハノイの町、どこから湧き出てくるのかバイクの量はますます増え、
排気ガスは酷いコトになっていた・・・
『現地的怪しいマスク』を購入し装着したが、顔デカ過ぎでゴムが耳にギリギリ食い込む(涙)
しっかし、マスクをしたところで、このバイクの量から出る排気ガス量・・・・
絶対に滞在中に鼻毛が5mmは伸びたのではないだろうか(→実測はせず)。
そして、バイクも原付にも関わらず2.3人乗り当たり前、4人乗りでも余裕でスイスイスイ~♪
ベトナム人にとって原付バイクは生活の脚、通勤手段、ときには豚もくくって運ぶんだって(驚)
軽トラ的に使えるらしい、あなどれないぞ50ccの秘められたパワー!

d0087483_15235627.jpg

街は夜遅くまで、フォーやらなんだか解らない怪しげな屋台が出まくっていて
ハノイ市民の皆さん夜中ちかくまで歩道でワイワイだべってる。
我々も参戦・・・と行きたかったのだがあまりの暑さに食欲が沸かず、
まずは怪しいドリンクで喉を潤す。
ちなみに、このジュース、ココナッツジュースをベースに、
超怪しい粉末をたっぷり加えて味付けした劇マズドリンク!
超ケミカルな味、一発目からヤラれた(笑)

その後も、ホアンキエム湖を基点に足が棒になるまで街をさ迷い、
初日の〆はフットマッサージで体調を整えた後、ホテルでタクシーで戻る(だいたい2ドル位)。
ホテルに着いた時にはすでに日付は翌日に変わっていて、
着いたらなんとホテル入り口が閉まってて、フロントのオヤジは居眠りしていた・・・(焦)
『開けてクリ~~』とガラスドアを叩きまくり、オヤジたたき起こしてホテル初日就寝。

   

【2日目】
7時デッパツで、ハノイを離れ今回の旅の一番の目的『ハロン湾』へと移動。

移動途中のベトナムの田園風景。ベトナムでは三毛作で米作するんだそうだ。
水みずしい稲の緑色の美しさ、疲れた目に優しく映ります。
d0087483_15242979.jpg

ハノイからハロン湾はバスで3時間くらい。
途中、日本人にも人気のある『バチャン焼』の街、その名も『バチャン村』に立ち寄る。
日本からプチプチ緩衝材をたんまり持参した私!
張り切ってお買い物~、と思ったのだが意外にお高くてガックシ。
貧乏ツーリストの私のペランペランのお財布には悲しいかな豪快な買い物は無理でした。
フィンのお世話をお願いしているコバ夫母と友人用にいくつか購入したのですが、
ここでの購入金額、かなりボッタくられていた事が後々判明する事に。
2日目早々ガックシ肩を落とす私・・・・シクシクシク(涙)
d0087483_15244213.jpg
d0087483_15245792.jpg

そしてベトナム土産といえば、細かく色鮮やかな『刺繍工芸』。
枯葉剤の影響で障害を追った方たちも刺繍職人として活躍されてましたよ。
素晴らしい作品の数々の中に良く見た顔発見!
まさかベトナムで忠犬ハチ公殿に出会えるとは思わなかった・・・完成度の高さは別として。
d0087483_15374992.jpg

            HACHI  『  微妙に似てないって言わんでおくれ・・・。 』

途中そんなガックシな買い物をしながら車に揺られ、世界遺産『ハロン湾』に到着!
朝パラパラふっていた雨も到着した時にはあがっていた(喜)!
お船に乗ってハロン湾約4時間のクルージングだ、どんぶらこ~。
d0087483_22111082.jpg

ベトナムの桂林と言われるハロン湾。
エメラルドグリーン(正確にいうと深緑・・・・)の海から
ニョキニョキと大小2000個ちかく奇岩が顔を出す。
曇天でしたが、ちょこっと霧がかってるこれくらいの天気のほうが逆に神秘的で美しかった。
d0087483_22113586.jpg

d0087483_22115042.jpg

クルージング途中で降り立った海上生活村の一つ。
そこにてベトナムワンコさんと出会う事が出来た。
ちょびっとチビスケ母さんとこの『珍センセイ』に似ているような・・・(笑)
ふと、可愛い我が娘を思い出した私・・・今のいままで忘れていた訳ではないのですが
旅先でのワンコとの出会いにイチイチ過剰に反応してしまう犬馬鹿。

『ぐはぁ~、ワンコ臭LOVE~~♪』とカメラを向けまくった怪しげな日本人に
世界遺産在住の珍もどき君は、『ケッ、いかれジャップがっ!』と、牙をむいて唸り
私のもとから去っていきました・・・家だけでなくここでも犬につれなくされてしまった・・・トホホ。
多分フィンの”念”がハロン湾ワンコにも届いたに違いない。

d0087483_15262842.jpg

船上でのお食事は、新鮮はシーフードの数々。
ほとんど焼いてるか蒸してるかだけでシンプルなんだけど、
キンカン汁&塩つけただけでも十分オイシイ~♪
もちろん、ベトナムのビールもたんまし飲みまくり。
でも1杯2~3ドルくらい取られる。飲み物は観光地価格なんだよなー。
ビール以外、スイカジュースとザボンジュースが個人的にお勧め。
d0087483_21311986.jpg

ベトナム料理に舌鼓を打ちつつ、ビールで喉を潤し、
そんでもって時に火照ったカラダを、デッキで寝そべりながらクールダウン。
摩訶不思議な景色を眺めながらの快適クルージングでした♪


さて、ハロン湾クルーズが終了した我々、ワロン湾岸のボロホテルにチェックイン。
ハロン湾観光が終わり、旅の目的は8割くらい果たした感はあるが
ここで休まないのが弾丸ツアーの醍醐味!
夕飯を済ませた後は睡魔と戦いながらも、ナイトマーケットにレッツラゴー。
仲間へのバラマキ用土産をここで購入しないといけないので。
われわれには時間が無いのじゃ!この時点で残り30時間~。
朝のバチャン焼ボッタクられ事件があったので、今回は警戒し慎重に店を選び、交渉。
素敵なTシャツを山のように購入。1枚200円♪やっほ~い。
テンションアゲ♂アゲ♂のまま、移動遊園地?へ。
ちょうどこの夜は子供のお祭り?の日だった為、夜も遅いのに子供うじゃうじゃ~。
d0087483_2142484.jpg

お顔は可愛いながらも、そこは共産国の子供達。
カメラを向けると大抵笑顔が消えるか、フリーズして固まっちゃう(汗)
そんなクールな子供達の中で、誰よりもはしゃぐアラフォー乙女二人・・・。
d0087483_21303387.jpg

(基本的に外人は無視して売りしぶる)チケット屋の超オッカないおババより
なんとか遊具券を購入し、乗車。30円/1回
ギャラリー(ベトナム人ヤンママ&ヤンパパ、そしてクールキッズ達)の視線がカナリ痛かった・・・

興奮の中過ぎていく2日目の夜、さあ残り24時間!
来る最終日に向けてコンディションを整える為、またもや〆はマッサージへ。
この夜はちょっと店選びを間違えたようで、妙に色っぽいお姉さんによる全身マッサージでした。
健全なマッサージを受けたにも関わらず最後に5ドルチップを要求されたし・・・。

そして、日付は翌日に変わった中ホテルに戻ると、
またまたホテル入り口が閉まってた・・・・懲りないお馬鹿なツーリスト・・・ナハハ(滝汗)。



【3日目最終日!】
ハロン湾から、またまたハノイ市内に戻り最後は市内観光!
さぁ、ここからはヤッツケ観光じゃー。

先ずはアオザイ美人さんから・・・超チャーミング♪
d0087483_15325483.jpg

ベトナムの人って基本、米&野菜中心、魚肉少々の食事で太らないんですと!羨ましい~。
しかし、町中アオザイ美人を期待していたけれど、最近の若い人は殆ど着ないみたい。
彼女のようなレストランや土産物店など外人対象の店で働く女性しか着てない。
あとは寺で参拝するお婆ちゃんくらいしか見なかったかも。
よく見かけたのは・・・・
ギャルから婆さんまで大抵、伸び伸び素材『パジャマ風』上下セットのトホホファション。
そして、オッサンはTシャツを乳下までめくる腹だしスタイルが多かった(これってファッション?)。

彼女はとっても気立ての良いお嬢さんでスマイルもばっちしでしたが、
たいていの女性はサービス業でもツンケンしていて笑顔少なくてもったいない。
やはり共産国ゆえか?
あっ、アオザイギャルに共通する点は、基本派手ブラ・透けまくりっていう点か・・・
セクシーひゅう~。

そして透けブラの話題はこの辺にして・・・
ハノイ市内をぶ~らぶら(結構な早歩き!)。
旧市街周辺では、Theベトナム、Theアジアの雰囲気もちょこっと残ってたりする。
d0087483_1525306.jpg
d0087483_15254359.jpg

ちなみに、観光地周辺を歩き売りするオバちゃま達のシツコイ営業の際判明したのだが、
昨晩のナイトマーケットで叩いて購入したはずのTシャツ(200円/1枚)、
やっぱしボラれていたようで、あれだけ買えば1枚100円で買えたらしい・・・またもやガクッ凹。


ハノイ市内 観光地① 一柱寺
d0087483_22121830.jpg

ハノイの水天宮的なお寺さん。
一本の柱の上に立っているからこの名前。
最終日ってこともあり賽銭ははずんだが、私もゆきちゃんも妊娠の兆候なし・・・。


ハノイ市内 観光地② 文廟
d0087483_221305.jpg

孔子を祀った建物。ハノイの湯島聖堂ってところですか。
ベトナム初の大学でもあります。
大昔のご卒業生の皆様の名前が彫られた碑が並んでいるのだが、
台座が亀ちゃんになっているのがイトかわゆし。

亀と言えば写真は撮り忘れたのですが、これまた観光名所の一つホアンキエム湖の中に建つ
玉山祠の中に、『伝説の亀(というよりスッポン)』の剥製が展示されていたのだけど、
2mくらいのデカさだった!!!亀は万年的な超ド急の迫力。
あんなのに湖で遭遇したら、確実に水中で失禁してしまうであろう・・・。


ハノイ市内 観光地③ ハノイ大教会
d0087483_22133670.jpg

ステンドガラスが美しかったけど撮影禁止だった為、記録なしの記憶のみ。
石組みで造られた大教会の石はおフランスからわざわざ運ばれてきたそうな。
教会の荘厳さに驚く前に、教会前の食堂で100人近くの若者が狂ったように
向日葵の種を食べていたのに驚いたコバでした・・・。


ハノイ市内 観光地④ ホーチミン廟
d0087483_2214618.jpg

世界一有名なベトナム人、ベトナム独立の父、革命家、『ホー・チ・ミンさん』の霊廟。
共産国特有の軍事パレードも出来ちゃうよ♪的な、だだっ広い空間に映える建物。
そして空にたなびく赤い国旗(独立の為に流された血をあらわす赤い色・・・)。
ここは共産党の国、そして数々の戦争を経験してきた国なんだよねーって、改めて実感。
映画で見てきた世界、この地で実際起こっていたのか・・・と、ちょっと考えさせられてしまった。
このホーチミン廟の中にはミイラ化したホーチミンさんのご遺体が安置されていて、
期間が合えば見れるそう。
結構怖いもの見たい派なので、もしその期間だったら見たんだろうな・・・残念。
尚、霊廟は常に沢山の軍人さんに守られていて、衛兵交代もみられた。
衛兵交代に夢中になり過ぎて、霊廟の前に引かれている境界線を超えてしまった私。
ピーピー笛で警告されてしまいかなり恥ずかしかった・・・どうぞ皆様ご注意を。

ちなみにホーおじさん、
とっても頭の良い方で6ヶ国語を話せたんだそう(ちょっと眉唾っぽい)。
そして強い革命家でありながら、けして私利私欲にまみれるような独裁者にはならず、
その一生をベトナムの民族開放と独立の為に身を捧げた、皆のスーパーヒーロー!
亡くなった今でも国民に本当に愛され、尊敬されている!!!
(我が国のリーダーと、三男坊を大将に据えた某・独裁国とはエラい違いだこと・・・)
尚、ホーおじさん実子がおらず、ベトナム国民は皆~んなホーおじさんの子供なんだって。

そんな、皆から尊敬されるホーおじさんに敬意を表し、昨晩仕入れたブツを着込み記念撮影。
そう、200円/1枚で仕入れた、ホーおじさんプリントTシャツじゃ~!
d0087483_22142335.jpg

              『ホー・チ・ミン万歳! ベトナム万歳!!』

衛兵のお兄ちゃんに銃殺されるかと思い冷や冷やしましたが、
ホーおじさんの顔目掛けて銃は向けられないようです。
むしろこのTシャツ着ていたほうが安全かも・・・・(滝汗)


こんな感じでお馬鹿しながらの72時間の弾丸ツアーでした。
旅の〆の『水中人形劇』では、疲れすぎてほぼ熟睡、いや爆睡!
さすがに毎晩の夜遊び&パワーウォーキング、若くないカラダには堪えました~。
しっかし、アラフォーにもなってこんなお馬鹿できる友人ゆきちゃん、本当にありがたい。
旅っていうのって、場所は関係なく『楽しもう!!!』って気持ちがキーなのかもしれない。
こうやって二人で楽しもうってなったら相乗効果で何倍も楽しさ膨らんじゃうんだよな。

40過ぎても、婆になっても・・・・こうやって同じ景色みて感動したり、笑ったりしてたいなぁ・・・。
ゆきちゃん、本当に感謝!これからも旅の相方、よろしく頼むね。


よろしく頼むと言えば・・・
快く(?)旅出させてくれた、国内待機組のお二人さん(コバ夫&フィンさん)、本当に感謝♪
多大なる感謝の気持ちをこめてお二人にも素敵Tシャツ(200円/1枚、ってシツコイ!)を
各1枚ずつプレゼント♪
d0087483_22235442.jpg

            フィ 『 また置いてきぼりにされた挙句、土産コレだけって・・・。』

ちなみに、私自身への旅の土産もこのTシャツ1枚のみ~(笑)
私にとっては、旅の思い出が一番の土産なんで、ね♪
と、言うことでフィンさん、またお留守番旅許して頂戴ね~。
[PR]
by futaba-ya | 2010-09-26 15:22 |

夏が終わる前に・・・③

8月のお盆休み。
コバ夫とバッチリ休みがあった為、浜松へゆっくり帰省してました♪
もちろんフィン子さんも一緒。

帰省中は暑っい上、台風にもブツかってしまい
フィンさんをゆっくり遊びに連れ出す機会も無かった・・・残念。
しかし、暑い中無理に連れ出すと、だいたい熱中症でぶっ倒れるフィンさん。
ダブルコート&蓄積してしまった(させてしまった?)脂肪という名の肉襦袢のせいで
めっきり暑さに弱くなってしまったようだ・・・。

そんなヒマヒマ~なお盆休み中、コバ叔父が『見せたいトコがあるっ!』って
コバ夫婦+フィンをある場所へ連れていってくれました♪

車1台ギリギリの獣道を登っていき・・・

小高い丘を登ると・・・・
d0087483_1243036.jpg

           フィン  『  えっほ、えっほ! 』

d0087483_1251521.jpg

広がる奥浜名湖~♪ ナイスビュー♪♪♪

東京方面の方の言う浜名湖ってのはたいてい新幹線から見える
太平洋と決壊して繋がった部分(今切イマギレと言う)と思いますが、
私は断然奥浜名湖をお勧めします。
複雑に入り組む湖と、付近の山々の景色をダブルで楽しめます。

ワンコとボートで浜名湖クルージングなど楽しめお店などなど、
withワンコで楽しめる場所もありますヨ。

是非是非オラが町、浜松&浜名湖、お越しあれ~。
d0087483_1252838.jpg

       フィン  『  叔父さん、この場所なかなか良いよ♪ 』
       コバ   『  ・・・上から目線も程ほどに。』

追伸:
叔父上様、こんな抜け毛の多い毛深い娘を車に同乗下さいまして
ありがとうございました・・・。
[PR]
by futaba-ya | 2010-08-28 11:57 |

夏が終わる前に・・・②

6月某日(アジサイ咲く前くらい)。

目白から北鎌倉へ引越しした友人宅を訪問ついでにちょびっとだけ鎌倉散歩。

d0087483_1134955.jpg

d0087483_11375368.jpg

近所から友人が引越してしまうのはとても寂しい限りですが、
忙しい友人なので近所とは言えホイホイと会えない為、
引越しした事によって、チョイ再会の場が”小旅行”気分を味わえる場になった。
それもまた良いのかな~とも思う。
d0087483_11345494.jpg

d0087483_11384130.jpg

d0087483_11395628.jpg

しかし、北鎌倉とは・・・羨ましい。ナイス選択だわ。
これからは、チョイチョイお邪魔する事にしよう~(チャッカリ)♪



さて、そんな鎌倉散歩の日はとても暑かった・・・。

私は持っていたストールを、タリバン並みの顔と頭にグルグル巻きにして歩いていたような・・・
修学旅行の小学生に指差され嘲笑されながらも、あの暑さには敵わず。
こんな素敵なロケーションにも関わらず、オシャレに旅できないのが悲しい。
今思えば、あの暑さも現在の猛暑の序章に過ぎなかったのかもなぁ。



そんな暑さの中、出会った外飼い(?)SHIBAワンコ。
暑さに堪らず車の下にもぐってお休み中だった。
d0087483_11453980.jpg

しっかし、よく寝ているコト。
アップにするとこのお顔・・・・
d0087483_11471821.jpg

プププッ・・・超かわいらしい。

このワンコさんの寝顔が、北鎌倉の小旅行の一番の癒しスポットだった。
今の猛暑の中も同じ顔して寝てるのかな?


『熱中症にならぬように水分補給しなさいよ~』っと、
鎌倉方面に向かってつぶやいてみたコバでした。
[PR]
by futaba-ya | 2010-08-27 20:27 |

フィンを置いてゆく旅2009

フィン4周年へのあたたかいコメに感動~なコバです。
ありがとうございます。

で・・・・、
そんな目にも入れても痛くない、いや食べちゃいたい位愛している
”フィンさんを置いて行く旅2009”今年も行っちゃいました(爆)!

今回はフィンがlanceんちに逆合宿してお留守番。
ワン馬鹿友達には『ワンコを置いて旅なんて(怒)!!!』って呆れられるのですが、
ワンコと過ごす日常生活も、人間だけのお楽しみの時間も、私にとってはどちらも大切。
確かに後ろ髪引かれるんですけど・・・やっぱり強行~。
今回の旅の行き先は・・・
d0087483_091663.jpg

d0087483_09512.jpg

♪♪天国に一番近い島~♪♪ で有名な、ニューカレドニア~。

今回の旅のお供は、
『今回こそが独身最後の旅だから一緒に行こう!』が口癖のゆき嬢(永遠の婚活中)と、
おまけで、南国が苦手なはずのコバ夫が同伴。凸凹珍道中。

さて、ニューカレドニアですが、
南太平洋の白砂のビーチに縁取られたリゾートアイランド、
南国の陽気さ&おフランス風のオサレ具合(行ったことないけど?)がMIXした雰囲気が面白い!
d0087483_011272.jpg

ちなみに、ニューカレドニアは『食べる』『遊ぶ』『泊まる』『買う』が楽しめるのがウリ。
その4点にフォーカスして旅の一部を駆け足でご紹介します♪

①遊ぶ

やっぱりニューカレドニアといえば『海』 !!!
今回国内線のチケットをGET出来なかったので泣く泣くイル・デ・パンは断念。
でも、本島(グランドテール島)を車で2時間北上し『ブーライユ』へ。
も~、笑っちゃう程綺麗でした。
海の青、空の青、こんなに自然界に青の色が存在するんだ・・・って感動。
20分程ボードで移動するだけで、世界遺産にも登録された美しい珊瑚礁を堪能できます!!!
8月~9月は南半球は冬、でもラッシュガードを着なくても充分OK。
寒イボぶつぶつさせながら、シュノーケリング三昧♪
ジュゴンには会えませんでしたが、海面を踊るように泳ぐ2匹のマンタが!ラッキー。
とにもかくにも、海の美しさは半端ないです!!!
(正直忘れられない・・・仕事に身がハイラナイ・・・なんつって。)
d0087483_093030.jpg

イル・デ・パンや『天国で一番近い島』で有名なウベア島日帰り飛行機OPツアーは
一人当たり35000~45000CPF(!)とお高い上、席数が少ないので予約が取りにくい!
定期船で安く行く手もあるのですが、出航していない曜日が多くツアー日程によっては無理。
島巡りは銭次第って感じ。(国内で事前予約がお勧めです)
ちなみに、ブーライユ日帰りツアーは14,700CPF/人(昼食・送迎付)。

そして海に続き次は『山』 

実は旅の初日、ゆき嬢がヘルニアを悪化させ動けなくなるハプニングが!!!
もう痛すぎてベッドから一歩も歩けない・・・そんな状況。
世界中を旅してきた猛者で、共に旅先で泥水をすすってきた相方のリタイア宣言(涙)
彼女はアウトドアはムリ・・・ってことで今回は旅の間ホテルに軟禁状態。
可哀相過ぎる・・・。
ここでも後ろ髪を引かれつつ、でも、私の旅は続くのです!
相方の看病+食の手配があるので、予定していた『リビエール・ブルー自然公園』を止め
滞在先から近い『モン・コギ(山)』までレンタカーでドライブ&トレッキングに変更。
ヌメア市内から車で空いていれば30分くらいです。
我々は迷いに迷って1時間かかったんですけどね・・・ハナナ)

さて、『コギ山』。都会に近く、高尾山的なイメージ。
山!いえば頂上を目指したい私ですが、時間的に断念。
今回は植物鑑賞を楽しめる往復1時間半くらいのトレッキングコースへ。

d0087483_0103148.jpg

遊歩道も整備されているので軽装でもOKですが、
歩道の両サイドからシダやら枝やら植物モジャモジャなので長袖長ズボンが◎。
あと、看板や手すり用ロープが取り付けられている支柱など腐っているので注意。

ちなみに、山麓のレストハウスのスタッフから
『最近あんまり人来てないよー・・・行くの?』とのコメントに若干の不安を感じてはいたのですが、
案の定、ガイドブックに載っていたハズの『ツリーハウス』は腐り落ちてただの巨木に、
ヌメア市内と海が臨める絶景ポイントは、ニアウリの木に覆われ
木々の隙間から垣間見れる程度・・・オイオイ写真と違うぞ全然(滝汗)。
まあ、旅にはこうゆうガッカシ感も付き物なので良しとします(笑)
でも、日本ではお目にかかれないようなプチ・ジャングル体験、楽しかったですヨ。

尚、車は『Hertz』でレンタル。本当はマイカーと同じ車種を借りたかったのですが
オートマ車は台数が少なく(ここのHeatzには2台しかないそうな)、
今回は少々大型のPEUGEOT407が足になりました。保険込みで12000CFP/日。
ニューカレドニアは坂道の多い国なので、オートマがお勧め。
右側通行、右側優先、ロータリー方式の交差点ルールさえクリアすれば、なんとか運転可能。
ただし、ローカル走りの方々、結構飛ばすしあおります(汗)。
でもノンビリ走っていれば、勝手に抜いていってくれるので大丈夫。
ちなみに、車はホテルに止めて、フロントに鍵をあずけて帰国OKなので便利。
(普通、事務所に戻してキズのチェックするんだろうけど・・・やはり南の島ですね。)

②食べる③買う
『買う!』に関しては、貧乏ツーリストの私達。
買い物には興味が無いので、今回は『賭ける』に変更~。
d0087483_928289.jpg

結果はもちろん・・・金に縁のない人間に勝てるハズも無いのであった。
生涯我貧乏道を行く・・・か。

そして『食べる』!
正直ニューカレドニア、物価超高いです(タヒチもそうらしいけど)。
洒落たレストランだと1品2500円くらいします。
普通に3食飲み食いしていたら10,000円/日はかかる感じ・・・キビシー。
ビーチ周辺は我々お得意のローカル向けオンボロ食堂は皆無で、これはピンチ!!!
しかし貧乏人の我々、無い袖は振れない為、初日にスーパーで一本90CFP(110円位)の
超ローーーーングサイズのバケット、ハムやチーズを購入し、手作りサンドで飢えを凌ぎました。
海カフェで修行した甲斐がありました・・・汗)
でも、夜はそこそこ贅沢に。シーフード新鮮でウマウマでしたよ。
お肉もニュージーランド産ビーフ、なかな美味でボリュームもタップリ。男子にお勧め。
ちなみに、カジノの中で食事すれば、米orパスタ+サラダ+肉or魚+パンがセットになった
プレートで1500CFPで食べれます。
この情報はバヌアツからの出稼ぎオバちゃんが親切に教えてくれました。
どこの国でもマダムはお得情報に明るい!旅にいったらおばちゃんに聞けって感じか(笑)。

④泊まる
ニューカレドニア、只今ホテル建設ラッシュのようです。
我々が滞在したシトロン湾周辺にも建設中のホテルが目立ちました。
で、我々の根城は・・・
d0087483_0111683.jpg

『メリディアン』!と言いたいところですが、こちらに滞在。
その名は『ホテル・ボーリバージュ』、なぜかここだけアジアでした(笑)。
冷蔵庫はトイレの横、ゴキちゃんうじゃうじゃ~。
タオルは人数分揃ってないけど、なぜかカップは3人分!みたいなアバウトさが泣けてきます。
シャワーは温度調整が難しく、『熱いーーーッツ!』『冷ゃっこーッツ』と絶叫しまくり。
おまけに、すんごい水圧で風呂入るたびシャワールームは大洪水・・・。
旅の疲れを癒したいバスタイムなので、水圧があるだけマシですけどね。
シャワーチョロチョロリンじゃガックシですから。尚、トイレも同じく物凄い水量(笑)、
『ゴォーーーーーッ』と稲妻のような轟音と共にブツは消えてゆきます(爆)。ウルサイよ~。


こんなアハハ~な施設ではありますが、従業員の皆は本当に気さくで明るく親切、
そしてすごくお話好き!充分楽しく過ごすことが出来ました♪
旅では外で思い切りアクティブにがモットーの私なので、
正直寝るためだけで充分、ホテルの☆の数など気にしないのであった。
ちなみに、写真のおばちゃん(右)は例の情報通のバヌアツおばちゃんです。
顔がソックリの姉さん(左)の存在に気がついたのはチェックアウトの時で、
滞在中、どうも二人を間違えて話しかけていたらしい・・どおりで話が通じないはずだよ(汗)。


以上、貧乏ツーリストによる貧乏ツーリストの為のニューカレドニア旅レポでした。
夢のリゾート地なのにラグジュアリー感まるで無しでトホホ~なのですが、
行くことに意義があるのです。
ハネムーナー以外、高値の花のイメージのニューカレドニアでしたが、
結構今安いツアー出てますから、我も!という方、いつでも旅話させて頂きますよ~。
まっ、こんなセコい話ばっかりだとは思いますが・・・・。
っていうか、ゆき嬢含め私も心残りが多い旅だったので、また行きた~い。
あの青い海が忘れられないのです・・・・。

d0087483_0113763.jpg

      ゆき&こば&こば夫  『 リベンジすんどー、オー!』
[PR]
by futaba-ya | 2009-09-10 23:30 |

プチGW2009 @長野県 姫木平

ゴールデンウィーク14連休!!!海外旅行へGo~~~!!!

と、言いたいところですが我が家は暦通り、

更に言えばダンナは休みの半分は大阪で仕事・・・チーン。

よって、プチGWとして週末にお馴染みの長野ワン旅行へ行ってきました。

もちろん高速料金1000円の恩恵を受けつつのローコスト旅です。

d0087483_22485769.jpg


天気予報は雨・雨・ちょびっと晴?微妙。

今回も旅のメインはワンコとの山歩き、

雨に濡れる覚悟は決めて臨んでいたのですが・・・・
d0087483_22465017.jpg

雨どころか霙がコンコン、一面真っ白~~。山の天気は本当に変わりやすいのだった!

でもワンコ達は雨だろうが霙だろうが全然関係なく

逆に霙なんてワンコにとってはサプライズプレゼントのようなもので

イイ顔で遊ぶ、走る、はしゃぐ!さすが遊びの天才~。
d0087483_22473022.jpg


飼い主の方は・・・

仕事疲れの抜けない重いカラダにムチを打ち、

更に顔面には、霙交じりの強風をうけ、鼻水をダラダラ流しながらも

ワンコと共に標高1800mくらいまではお付き合いでひたすら歩む歩む歩む・・・。

d0087483_22474622.jpg

山登りのご褒美、高みからの景色!

は、ガスっていて霞んで殆ど見えませんでしたが・・・・(滝汗)。




でもイイのです。可愛いわが子達の楽しんでいる姿を見られれば。

ワンコの笑顔が一番の絶景かな~~絶景かな~~~♪な~んてね・・・・。

疲労を喜びに替えられる・・・やっぱりドMな性質なのね、私ってば(汗)。


057.gif071.gif057.gif071.gif057.gif071.gif057.gif


そんなこんなで、雨・風・霙に打たれまくった結果、

若干寒気と熱っぽさすら感じる月曜日・・・やばぁい(冷汗)。

そうそう無茶出来ぬ年齢になってきたなぁ。




あっ、でも明日は皇居ランニングの日だった・・・・頑張れ私!
[PR]
by futaba-ya | 2009-04-27 23:25 |

文京ワンズ、旅に出るの巻 @ 長野 姫木平

金曜日の夜から日曜日まで、長野県の姫木平に行ってました。

メンバーはフィンのお散歩仲間、文京ワンズ+文京区しつけ教室のお友達、
ニンゲン9頭、ワンコ10匹、ペンション貸切旅で~す。

天気はイマイチ(時々雨!)でしたが、
長野の自然を大満喫するワンズたち、悪天候なんて全然関係な~し!
ペンションどころか、『山』丸ごと貸切り~~~~!!!
d0087483_19122015.jpg

本当に貸切状態で誰も居ないから・・・
d0087483_1917355.jpg

追いかけっこしたり・・・
d0087483_19125923.jpg

ディスクで遊んだり・・・
d0087483_1914388.jpg

草にゴロンゴロンしたり・・・(ママは絶叫!)
d0087483_19142757.jpg

更に、ゴロンゴロンゴロンしたり・・・
d0087483_1914484.jpg

ママに甘えてみたり・・・
d0087483_19153476.jpg

楽しくって楽しくって笑顔が止まらない~~~!!!
d0087483_19133081.jpg

そうそう、恒例の記念撮影も忘れずにっと・・・ 『 はい、皆こっち見て~~~』
d0087483_19155348.jpg

・・・・っていうか皆バラバラだし(汗)。

エコーバレーはワンズみんな大好きな場所。
宿泊先の『海岸物語』さんからは、徒歩数分。贅沢な散歩コースとなってます(喜)!
ちなみに『海岸物語』さん、前回もお世話になったのですがワンコ大~小までOK!
オーナーご夫妻の人柄も良く、そして料理が美味しいです。
特におかわり自由の手作りパンが最高~。金額も超リーズナブル、お勧めですよ~。

そして最終日、チェックアウトの後は『長門牧場』でちょっと遅めのランチタイム。
文京区のしつけ教室でお世話になっている『長野県動物愛護センター』の
F先生も駆けつけてくれました。
センターで譲渡用のワンコの教育を担当しているF先生、
セラピードッグ活動についてなど、色々興味深いお話をゆっくり聞くことができました。
F先生、貴重なお話ありがとうございました。
先生見るなり唸りまくりのフィンさんですが、今月のお教室でも宜しくお願いします・・・(滝汗)。

ところで、長門牧場と言えばビーフカレー!お肉トロトロでかなり旨いですよ♪
そして、広々とした牧場内は散歩OK。
d0087483_19425973.jpg

d0087483_19434289.jpg

                 フィ  『  キレイな夕日・・・。』
本当にキレイだったね・・・。
美しい景色は人でも犬でも感動させるのでしょうね、フィンはずっと夕日を眺めてました。
こうやってワンコと美しい景色を共に眺め、共に感じられる、幸せな時間でした。

・・・この旅を、ずいぶん前から指折り数えて待ち続けていた我々。
旅を終え、目標を失いすでに廃人モード突入しとります、って早い??
次はいつ、どこに、誰と~~~~~???

フィン、また旅しようね、絶対!フィンというより自分に言い聞かせ士気を高めるコバでした!
d0087483_2064335.jpg

                Ottey   『 また来ようね・・・ 』
                フィ    『  うん、約束!  』
[PR]
by futaba-ya | 2008-11-20 17:54 |

ランカウイのおもひで~その2

えーっと、今回はランカウイで楽しめるアクティビティのお話。
とりあえず行けばなんとかなるでしょ!的な無計画ニンゲンなので
全て現地リサーチ、現地予約です。

トランジットしたクアラルンプールで2時間あるから飲茶でも食べ行くか!と
空港を出た際、両替場所をたずねた相手がマズく(超おしゃべりなマレーオヤジ)
飲茶どころで無くなり、結局長~~い立ち話しをするハメに。(アラテのナンパか?)
そのオシャベリオヤジさんがランカウイのお勧めアクティビティを紹介してくれました。

『ランカウイならアイランドホッピングしなきゃ駄目ヨ!妊娠もデキルヨ♪♪』

妊娠???父親は・・・いったい誰じゃ?

『父親は神か魚だ~ね、ガハハハハ。』

なる程。妊娠できるアイランドホッピングね・・・。
お年頃のゆき嬢。今年こそは結婚を!人生ショートカットを熱望中(相手未定)。
この際デキ婚狙い、鮫肌の子でも何でもいいか!!って事でアイランドホッピングって来ました!

ちなみにアイランドホッピング、半日~1日、金額もピンキリです。
貧乏ツーリストの私達は半日ツアー(3島巡り)で一等安いのを見つけて3日目の朝、参加。
集合はバンタイ・チェナンの桟橋に9時半。集合はちょっと早い。
ちなみに45リンギット(35×45=1575円)。安い!
d0087483_23482499.jpg

                 ゆき&コバ『 デッパツ! 』

ちなみにこの船、エンジン2機搭載!!物凄いスピードでガンガン走る~~~超爽快です。
でも笑うと舌噛む位、お尻がっつんがっつん飛びます(笑)。
ホッピングとはこうゆう意味なのか??と勘違いする位でした。

で、最初に到着した島はダヤン・ブンティン島!
d0087483_23524521.jpg

d0087483_2353559.jpg

                 サル 『 ウキャキャ(ようこそ!) 』

ランカウイ群島の中で2番目に大きな島で、猿の惑星か?って位サルがわらわら~。
油断していた私は、子猿に持っていたコカコーラを缶ごと奪われました....(涙)
d0087483_23542598.jpg

                 コバ 『 ウキキーッ(登るよ~~)!』

これはサルでなくコバね・・・既に野生化してますが(汗)。
そしてひとしきり急勾配の山を登り、下るしているとそこに現れるのは・・・
d0087483_23564755.jpg

神秘的な深緑色の湖・・・。
そうです!ここが例の妊娠するっていう噂のダヤン・ブンティン湖(妊婦の湖)です!!
不妊の人が入ると子供を授かれるようになるという伝説があるそうです。
ならば・・・・
d0087483_23584359.jpg

                 ゆき 『 ひゃっほ~~いっ♪』

迷わずダ~イブ!!暑かったので超~キモチイッ(北島風に)。
d0087483_003582.jpg

                 ゆき&コバ 『 いぇ~~~いっ♪♪』

思わずシンクロ~!!長い付き合いだけに息もぴったり??
でも・・・・
d0087483_031372.jpg

                 ゆき&コバ 『 ゴブブブブブ・・・・ッ(助けてくれ~)』

飛び込んでから気がついたのですが、全然足つかない深さっ(焦)。
マ緑のおいしいミネラルウォーターをたっぷり補給した私達・・・・。
ちなみにカメラマンはクワラルンプールからデートに来ていたヤングカップル。
親に内緒のお泊り旅行(想像)だっていうのに・・・邪魔してごめんね♪

ここは1時間程の自由行動で、次の島へGO!
d0087483_0191716.jpg

名前は忘れてしまったのですが、ワシの餌付けが出来る島です。
ここでは船からは下りず、船からの観覧。
空を見上げると・・・。
d0087483_0193249.jpg

サルのお次はワシがワラワラ~~。
自由に悠々と空を飛ぶワシ、ワシ、ワシ!鳥嫌いの方には苦痛かと・・・。
ワシはランカウイのシンボルです。島の名前の由来でもあります。

そして最後の島はベラス・バサ島!
本島よりは透明度が高い海、白い砂浜とそこそこリゾート感漂う雰囲気。
d0087483_026994.jpg

d0087483_0262626.jpg

d0087483_0264546.jpg

マレーや中東ラブラブカップルに囲まれていた私達・・・。
厳しい戒律どこ吹く風でいちゃつきまくってる為、当てられて火照ったアタマをクールダウン!
d0087483_0285442.jpg

                  コバ 『 秘儀、犬神家~!!& ヒトデ~~~!!』

またまたドボボ~~ン。
水があればどこでも潜る我が猟師魂!でも残念、ヒトデはいなかった。
ここではサンゴのカケラを沢山収穫しましたよ。
d0087483_031639.jpg

ちょっと絵になるゆき嬢。
私もこんな恋をしたい・・・な~んて考えちゃってる顔でしょうか。
がんばれ、ゆきちゃん!今年こそ目指せ結婚!!

なんだか写真ばっかりでたいした説明できませんでしたが、
1500円弱で4時間くらいの小ツアー、まぁまぁ納得の内容だったかと。
まぁ海馬鹿の私の場合、そこに水さえあれば何でも満足だったりするのですが(汗)。

ちなみに・・・
ゆき嬢、いまだ妊娠の兆候なし。もちの論、私もでございます・・・。

こりゃあ・・・ゆきちゃん今年の結婚も・・・ムリ・・・かな・・・(爆)。
[PR]
by futaba-ya | 2008-07-29 23:19 |


雑種犬フィンとズボラ夫婦の平凡な日々を綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧