ものぐさ庵 こばやし  



明るいお別れ

今日は雨の中、親戚のお通夜に参列してきました。
親戚といっても、実家の分家筋で父のハトコ位の遠い関係。
私も生前2度位しかお会いした事がないのに、
先方のご指名で田舎にいる親戚代表(!)で私が参列する事に・・・。
本当は明日、フィンの預かりボランティアのAファミリー様ご一行が
我が屋に遊びに来てもらう予定で、かなり楽しみにしていたのに
またしても、私のツキの無さ故ブッキング・・・ここまで来ると笑えます(笑泣)。
でも、まあ、濃い薄いは別として、ルーツをたどれば
同じご先祖様を持つ血を分けた方。
日本代表ならぬ『浜松代表(笑)』で家紋をしょって行ってまいりました!

故人のおば様ですが、日本大学芸術学部卒の個性的な方で、
父の話によると、若いころからカナリぶっ飛んでいたそうです。
生前最後にお会いした時も、髪はブルーに染め上げたカリアゲで
10代か!?って思うような、コギャル仕様の花柄ミニワンピ(笑)と
想像以上な風貌に度肝を抜かされた事を思い出しました。
性格も明朗な方で、ずっとゲラゲラ笑っているような人。
そんな個性的な方とは言え、お葬式までは・・・・と、
私は黒い固めのスーツでビシっときめて臨んだのですが
斎場に入りそこに飾られた遺影を見てビックリ!
クリーム色の和服に、ピンクのモヒカンヘアーの写真が(驚)!!!
ここまで来ると、もう『参りました~』の一言でした(笑)。
でも満面の笑顔の写真で、おば様の明るい性格が表れた
本人らしい素敵なご遺影でした。
式の間も、故人の大好きだったというシャンソンやジャズが流れ、
多くのご友人が訪れ、終始明るい雰囲気。
こういうフランクなお葬式も悪くないな~と感じてしまいました。

生涯独身を貫いたおば様、あなたの個性的かつ強い生き方、
同じ女性として本当~に脱帽いたしました!
明日は晴れるうように祈ってます。
[PR]
by futaba-ya | 2006-11-11 23:55 | 家族
<< 死のイメージ・・・ 芸術の秋~♪ >>


雑種犬フィンとズボラ夫婦の平凡な日々を綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧